脳神経外科・脳神経内科・整形外科
リハビリテーション科・外科・内科
たぐち脳神経外科クリニック

MRI・各種検査

MRI検査


MRI(Magnetic Resonance Imaging)は強力な磁石の力と高周波の組合せを利用して体の断面や血管を画像化する検査です。X線を使用しないため放射線被曝が無いことが特徴です。また、検査断面を縦・横・斜めなどに自由に設定できるため様々な角度の画像情報を得ることができる利点があります。検査を受けるにあたり検査室内に持ち込むと危険なもの、または持込物が故障する場合があります。そのためにも事前説明を十分にさせていただきますので、ご注意願います。また、手術歴のある患者様(ペースメーカー、人工弁、金属固定など)には、基本的には検査出来ません。検査中は検査部位だけでなく、体全体を動かさないようにお願いします。動きには非常に敏感な検査装置ですので、動きが誤情報となって画像にうつります。また、検査部位によっては装備品を外したり、着替えが必要になったりする場合があります。検査担当医からの説明をよく聞いていただき、ご協力をお願いします。

CT検査


CT(Computed Tomography)はX線とコンピュータを使用した断層画像装置です。患者様に寝台の上で寝ていただいて検査を行います。装置の真ん中を通るときに360度の方向からX線を照射し、体内を通過したX線を検出した結果をコンピュータにて輪切りの画像を作り出します。検査は痛みを伴わず数分で終了します。ただし、正確な位置情報や画像情報を得るために、検査中はなるべく動かないことが大切です。また、撮影部位によっては検査着への着替えや「息止め」が必要な場合があります。検査の際には担当技師の指示に出来る限り従っていただきますようご協力をお願い致します。
当院はGE Healthcare社製最新型CTスキャナー“Bright Speed Elite SD with ASiR”を導入しました。このCTスキャナーは、超高精細画像での全身検査を短時間(数秒程度)で行うことが可能です。撮影時間が短縮されたことで患者様の息止め時間も短くなり、お年寄りの方やお子様でも安心してお受けいただけます。更に今までのCTスキャナーよりも被曝線量を最大65%低減することが可能な最新技術“ASiR(エイサー)”を搭載しており、より安全安心な検査をご提供致します。

超音波検査(エコー)

頚動脈エコー検査にて動脈硬化の状態を詳細に把握することが可能です。身体には全く害のない検査で時間も約10分程度です。苦痛を伴うことのない検査で、情報量がとても多い検査でもあります。

骨密度測定検査


骨が強くなったかどうか、病気が進行していないかどうかは外見や自覚症状では判断できません。それを確認するために、骨に含まれるカルシウムやコラーゲンなどの量を測定する「骨密度検査」は定期的な検査をお勧めします。当院では手指の骨の量をX線フィルムで測定する「MD法」を行っております。この検査方法は、両手をX線撮影し、そのフィルムから骨密度を測定します。非常に短時間で終わり、体に無理のない簡単な方法です。

その他の検査

心電図(安静時心電図・ホルター心電図)

不整脈、心室肥大、狭心症、心筋梗塞、電気興奮の伝わり方の異常が分かります。 2段の階段を昇り降りする運動を行い、脈拍が上昇したときに心電図の変化や胸痛などの症状が起こるか調べるマスター負荷心電図検査や、24時間小さな記録器を付けて心電図を記録するホルター心電図検査も行っています。

 

ABI・PWV検査

足と上腕の血圧比から、血管の硬さや狭窄を調べる検査です。動脈硬化の診断に有用です。

 

 

視力・聴力検査

健康診断で必要な視力・聴力検査を行っています。

 

呼気中一酸化炭素濃度検査

禁煙外来にて呼気中の一酸化炭素濃度検査(一酸化炭素の体内への取り込み状況を示す検査)を行っています。

たぐち脳神経外科クリニック

020-0015 岩手県盛岡市本町通1丁目4-19

電話:019-621-1234/FAX:019-621-1717

▲上に戻る